クリでイカせるよりも気持ちいい!挿入せず乳首だけで女がイク方法

8,521 views

セックステクニック(男性編)

クリでイカせるよりも気持ちいい!挿入せず乳首だけで女がイク方法

乳首でイクことは可能なのか?」こう質問されたら、僕は「はい、可能です!しかも結構簡単です!」と即答します。正しく乳首を開発してあげれば、乳首だけの刺激で女性をイカせることはそこまで難しくはありません。今回は、挿入せず乳首だけで女性をイカせるための『乳首の攻め方』や『お助けグッズ』を紹介します。乳首を開発するための必要な知識を身につけて、女性を新しい快楽の世界へとつれていきましょう。

乳首だけでイクことは可能なの?

正しい知識を身につければ、上記ツイートの動画のように乳首だけでイクことは可能です。しかし誰でもすぐに乳首だけの刺激でイクことができるわけではありません。何度も乳首に刺激を与えて、乳首を感じやすくなるようにする(乳首を開発する)ことで、乳首イキできるようになります。つまり乳首でイクには乳首を開発していくことが必要になるのです。

乳首の開発とは、具体的には乳首にある感覚神経を目覚めさせることを言います。普段使うことのない神経なので、刺激による開発が必要です。最初から乳首イキできる人が少ないのはそのためです。乳首の感覚神経への刺激を繰り返すことにより、どんどん乳首の感覚神経は研ぎ澄まされていきます。長くても数ヶ月もすれば、乳首だけでイケる体質(乳首が開発された状態)になれるはずです。

余談ですが、たまに乳首の開発をしていなくても、乳首の刺激だけでイクことができる人がいます。セックスの経験が多いからとかでもなく、もともと生まれ持った体質によるものです。僕も以前、経験人数が1人でしかもオナニーの経験もないという人とセックスしたことがありますが、驚くほど敏感な体質で前戯の乳首舐めだけでイッてしまい驚きました。しかし、そういう人は本当に稀です。普通の人は、やはり乳首を開発こそ乳首イキへの近道になります。

ちなみに生理中だけ乳首でイケることができるという女性もいるようです。セックスするパートナーがいる人は、生理中に試してみてはいかがでしょうか?

乳首でイケる女性にイクときの感想を聞いてみた

乳首でイケるようになった女性は、乳首でイクことにハマるケースが多いです。それは乳首でイク時は、クリトリスやオマンコでイク時とは違う気持ち良さがあるからです。

乳首で感じている時、下腹部の方で快感を感じたという女性の口コミです。下腹部の方がキュンキュンするというのは、おそらく乳首イキしている状態だと思われます。

「乳首でイク時は、気持ちいいのは乳首なのに子宮のあたりがイク感じがする」との口コミを発見しました!乳首への刺激だけでイクことはできるけれど、乳首にはイクという感覚はないようです。だから乳首イキは、イッたあとそのまま乳首を舐めつづけてもずっと気持ちいいのだとか。クリトリスのようにこしょばい感じにはならないんですね!

乳首イキできる女性が、質問箱からの「乳首でイクってどういう感じですか?」という質問に答えてくれています。クリでも膣でもなくて、子宮を優しく撫でられているような感じとのことです。先ほど下腹部がキュンキュンするというツイートがありましたが、乳首でイク時は、やはり子宮でオーガズムを感じるようです。子宮を優しく撫でられる感じって、男の僕が想像してもなんだか気持ち良さそうな感じがします。これは確かに乳首でイクことにハマる女性がいるのも納得ですね!

最後に男性の乳首イキ経験者のツイートを紹介します。高校2年生の時には乳首でイケるようになっていたという乳首イキマスターの方です。なんとこの男性も、女性でいう子宮の位置がキュンキュンするそうです!女性も男性も乳首でイク時のオーガズムは同じような感覚を味わうことができるということですね。女性の乳首開発だけでなく、自分自身の乳首開発にも興味が出てしまいます。

気になって調べてみたのですが、男性にも子宮はあるそうです!これは医学的に証明されています。つまり先ほどの高2で乳首イキをした男性の感覚は正しいということですね。

今回、乳首でイクときの感想を調べてみたところ、どうやら乳首は子宮と密接な関係があるということがわかりました。実は、乳首は迷走神経で子宮や脳と繋がっています。乳首でイク時に子宮が感じるのもこの迷走神経の作用が関係しているのではないでしょうか?深く長くじんわりと子宮を撫でられているかのような乳首イキ。これを知ったら「乳首イキしてみたい!」という女性が増えそうですね。ぜひ知り合いの女性にも教えてあげましょう!もしかしたら、乳首開発させてもらえる機会に恵まれるかもしれませんよ。

乳首の性感帯を知るため!乳首の構造を説明する

おっぱいを愛撫するとき、ほとんどの人が乳首を重点的に攻めます。それは乳首以外のおっぱいの部分は、脂肪や乳腺があるため刺激を感じにくいからです。ちなみにおっぱいの90%が脂肪、10%が乳腺で出来ています。

先ほど、乳首でイクためには乳首の感覚神経を開発する必要があるとお話ししました。その乳首でイクために開発するべき感覚神経は2つあります。1つはマイスネル小体(触覚)という感覚神経。もう1つはパチニ小体(圧覚)という感覚神経です。この2つの感覚神経を定期的に刺激することで乳首イキが可能になります。

では、この2つの感覚神経の特徴と実際にどういう風に刺激を与えれば気持ちいいのかを具体的に説明させていただきます。

マイスネル小体(触覚)

マイスネル小体は乳首の表面部分にあり、感覚神経の触覚と言われています。表面部分への圧や低周波を感じることができる感覚神経です。

マイスネル小体を開発するには、乳首の表面部分を刺激してあげると良いです。具体的には、優しく撫でたり、小刻みに擦ったり、軽く弾いたり、ペロペロと舐めたりして、乳首の表面部分の感度を高めてあげます。

パチニ小体(圧覚)

パチニ小体は乳首の奥部にあり、感覚神経の圧覚と言われています。乳首の中に響く深部圧や振動を感じることができる感覚神経です。

パチニ小体を開発するには、乳首の奥に響くような刺激を与えてあげると良いです。具体的には、トントンと舌で突く、チューチューと吸う、コリコリと甘噛みするなどして、乳首の奥に圧力をかけて感度を高めてあげます。

また、パチニ小体は音にも反応して興奮を引き起こす作用があると言われています。低い声のほうが刺激の効果が高いので、乳首を開発するときにはちょっと低い声を意識して、AV男優のように言葉攻めすると良いかもしれません。

乳首の刺激だけでイケるように!乳首開発に必要なたった2つの方法

乳首を開発する時に必要な2つのゴールデンルールを紹介します。この2つをきちんと実践すれば、乳首の開発は成功します。これらを守って、パートナー女性の乳首のポテンシャルを引き出してあげましょう。

最低でも3日に1回は乳首の神経を刺激する!

乳首の開発とは、普段は眠っているマイネスル小体とパチニ小体に必要性を感じてもらうために刺激を与えることを言います。そこで守ってもらいたいのが、定期的に刺激を与えてあげるということ。最低でも3日に1回は、乳首の神経を刺激してもらいたいです。

定期的に刺激を与えられることで、マイネスル小体とパチニ小体が「また刺激がきた!これは重要な刺激なんだな!」と感じ、活性化して神経の反応が良くなります。つまり敏感になるということです。もともと眠っている神経なので、1度刺激を与えても、しばらく触らなくなったら乳首の敏感度は下がってしまいます。せっかく乳首の開発を始めたのなら、しっかり3日に1度は刺激を与えてください。

定期的な刺激こそ、乳首開発の重要なポイントです。毎回ものすごく時間をかけることは難しいと思います。時間がない時は、軽く舐めたり、服の上から擦ってあげる程度でも良いです。とにかく刺激を与え続けることを忘れないでください。

最低3日に1回のペースを守って刺激を与え続ければ、1ヶ月くらいで少しずつ成果が感じられてくるはずです。完璧に開発完了するまでは個人差がありますが、数ヶ月程度はかかると認識しておいてください。

クリトリスと一緒に刺激する

乳首の開発段階では、乳首だけを刺激するのではなく、クリトリスと一緒に刺激してあげてください。なぜかというと、もともとその女性が感じることができる性感帯(クリトリス)と同時に乳首を刺激してあげることで、乳首の感度がクリトリスと同じくらいの快感度にまで解放されるようになるからです。

なぜそのようなことが起こるのか?それは乳首とクリトリスが迷走神経で繋がっているからです。この記事の途中でも、「乳首は迷走神経で子宮や脳と繋がっている」という話をしましたが、クリトリスにも迷走神経が通っています。そのため、乳首への刺激とクリトリスへの刺激が迷走神経で共鳴し、乳首の性感レベルを格段に引き上げるのです。ですから乳首の開発段階では、クリトリスと同時に刺激してあげることをおすすめします!

乳首でイクことができるようになるお助けグッズ3つ

乳首イキできるようになるために、乳首イキをサポートするお助けアイテムを3つ紹介します。特に開発中の女性にはお助けグッズを使うことをおすすめします。これらを使うことで、乳首でイキづらいという人もイカせることができます!

エアリズム

こちらは最初にも紹介したエアリズムでの乳首イキ動画。さらさらのエアリズムの上から乳首を撫でると、直接撫でるより指通りがよく刺激を与えやすいです。エアリズム越しなら乳首をコリコリしても痛くありません。もともとエアリズムの感触自体がとても気持ちよく、乳首攻めとの相性は抜群です。入手しやすいというのもお助けグッズとして優秀なポイント!もともと愛用しているという女性も多いため、すごくお手軽に乳首開発を始められます。

一度エアリズムを着させて乳首開発すれば、彼女はエアリズムを着るたびに乳首開発のことを思い出します。するとついつい1人でも乳首開発するようになる可能性があります。そのため乳首開発中にエアリズムを何枚かプレゼントすると開発期間が短くなるかもしれませんね。

ローター

乳首の開発をしたことがないという方は、乳首開発専用のローターを使うのもおすすめです。乳首開発のためだけに研究開発された専用の商品なので、その効果は疑いの余地もありません。吸い付いたり、振動したり、強めに押し込んだり、様々な刺激で乳首の感覚神経を目覚めさせます。1個目ツイートのローターは1,350円、2個目のツイートのローターも2,100円。結構リーズナブルなお値段なので手も出しやすいです。

スポールバン

乳首開発者御用達のお助けグッズがこのスポールバン。知らない人のために説明すると、貼るだけで出来る自宅用の鍼治療器具です。スポールバンを貼っている間ずっと、はりが乳首の感覚神経を刺激し続けてくれます。そのため定期的な刺激が必要な乳首開発にもってこいのアイテムで、乳首開発をしている人たちの間では定番品となっています。

「感度がアップした!」「ずっと乳首が立ちっぱなしになった!」など、効果がみられたという人も多くいます。使い方としては乳首にスポールバンを貼って日常生活を送るだけです。剥がれやすい人は絆創膏やニップレスなどで固定すると良いですよ。

デメリットは多少生活に支障がでてしまうことです。はりが乳首に刺さっている状態で生活するため、ふいに乳首に物が当たったりすると前かがみになってしまうくらいには痛いです。そのため注意して行動する必要があります。また、スポールバンを貼って生活していて乳首がものすごく痒くなったという人もいるので、もし試すときは身体の具合をみながら気をつけてやってくださいね。ずっとスポールバンを付けっ放しで生活をするのが大変だと感じる方は、エアリズムや乳首開発専用ローターなどを使った方が良いと思います。

乳首だけでイかせられるようになるテクニシャンになろう!

この記事の要点をまとめます。
・乳首だけへの刺激でイクことは可能!
・乳首だけでイクには乳首の感覚神経を開発して目覚めさせる必要がある。
・乳首イキは、子宮がキュンキュンして長くて深い気持ち良さがある。
・開発すべき乳首の感覚神経はマイスネル小体とパチニ小体の2つ。
・最低3日に1回定期的な刺激を与えることで1ヶ月ほどで効果を感じてくる!
・乳首の開発期間には個人差はあるが、大体数ヶ月を要する。
・お助けグッズを活用すると乳首開発のペースアップが望める。

最初は乳首イキできなかった女性でも、感覚神経を開発してあげることで、乳首の感度が一気に上がり、乳首だけの刺激でイケるようになります。乳首でのオーガズムは、深く長く心地の良いものなので、女性を心から満足させることができます。乳首が開発できるテクニシャンになれば、「私も乳首でイキたい!」という女性から乳首の開発をお願いされるもあるかもしれませんよ!まずは、この記事の内容通りに一度実践してみてください。

◯関連記事
乳首の舐め方が上手くなる秘訣は唇と歯の使い方が全て!簡単テクを紹介
男の乳首の責め方を紹介|口だけではなく指の使い方もポイント