• 【48手体位】千鳥はいつもとより締まる膣圧が感じられる体位

    3,467 views

    セックステクニック(男性編)

    【48手体位】千鳥でいつもと違う膣圧を感じる腰使いを紹介

    セックス48手のうちの一つ千鳥で挿入するといつもよりしまる膣圧を感じることができます。少し変わった体位なのですが、一度マスターすると病みつきなってしまうほどの快感です。今回は千鳥の詳しいやり方や注意点を見ていきましょう。

    千鳥とは

    千鳥

    千鳥は江戸時代から伝わるセックス48手の一つで正常位から派生された体位です。普通の正常位との違いは女性が仰向けになってから、足を正座するようにして折り曲げるところでしょうか。正常位で足を折り曲げで挿入することから、やや難易度の高い体位とも言えます。ただ、足を曲げることによって男性は締め付け感を感じることができ、恐らく普通のセックスで得られる締まりよりも圧倒的にきつくなります。

    女性はいつもとは異なった膣の感覚を覚えるはずです。挿入角度が少し違うだけでもセックスの気持ち良さは変化します。ですから、普段のセックスでイケない女性やイキにくい女性などは千鳥の体位でGスポットを刺激され、簡単にイケるかもしれません。また、千鳥はマンコに挿入する物なのですが、足を閉じて行うことから太ももの間にチンポを挟んで、足コキすることも可能です。足フェチの男性が多いので、女性が足にチンポをこすってあげると喜ぶはずです。さらに、素股にも移行することができます。たっぷりとローションを使って、ぬるぬるにしてから千鳥で挿入する前に素股をするとお互いの興奮度が上がるでしょうね。

    そして、千鳥は男性が覆いかぶさるように上になる体位なので、Мっ気のある女性は「私責められている」と興奮するでしょう。チンポでハメられながら言葉責めをされたら、ひとたまりもありません。それでは、実際に千鳥の体位をしたことのある人の発言を見てみましょう。

    千鳥のもっとも気持ちが良いやり方

    男女のセックスで千鳥の体位をすることによって、強い快感が得られることがわかりました。マンネリ化したカップルにはうってつけの体位でもあるので、一度試してみると良いかと思います。次に具体的な千鳥の体位のやり方ともっとも気持ち良くなれるコツなどを詳しく解説していきます。

    女性が正座になる

    千鳥は女性が足を曲げる必要があるので、そのために先に正座になってもらいます。ちなみにこの時点で前戯を終わらせて、マンコをたっぷりと濡らした状態にしておきましょう。最初に女性に正座をしてもらい、同時にゆっくりと後ろ向きに倒れこみます。足が痛くならないように無理なく時間をかけて行ってください。

    正座をすることに慣れていない女性はこの工程が少し難しいかもしれませんので、事前に正座をして仰向けになるといった流れを練習しておくとスムーズにできるはずです。

    男性が上に覆いかぶさる

    正座のような体勢から女性が仰向けに上体を反らせているところに、男性はいつもの正常位をするように上から覆いかぶさります。女性と向き合ったところで濡れたマンコを開き、ゆっくりと挿入します。千鳥の体勢になるまでにもたついてしまうと、チンポが萎えてしまったり、マンコが乾いたりする恐れもあるので、ここまでは時間をかけずにできるようになりましょう。また、覆いかぶさった時に女性に軽くキスをしてあげると、お互いの興奮度がさらに高まるはずです。

    後は正常位のように突く

    正座をしている女性のマンコにチンポを挿入してからは、まずは膣がなじむまでゆっくりと腰を動かしていきます。千鳥をやりたての時は不慣れな体位で女性も慣れていないため、いきなりの激しいピストンは控えましょう。正常位のように腰を動かしながら、女性のおっぱいを同時に揉むのがオススメです。普段とは異なった快感に上半身への刺激を加えているので、女性はイキやすいはずです。

    腰を動かしている時に女性の反応は良さそうであれば、少しピストンのスピードを早めて、突いてあげましょう。千鳥で女性が身体を反らす角度や正座をした時の左右の足の間隔を変えるだけでも、気持ち良さは変化するのでこまめに調整しながら千鳥を行うのが良いかと思います。

    千鳥をやる際の注意点

    千鳥はチンポが挿入するだけなく素股をしたり、お互いに抱き合いながらディープキスをしたりと様々なプレイができます。また、いつもの正常位よりも膣の締まりが良くなり、違った快感を楽しむことができます。ただ、一方で女性が足を曲げる。身体を反らせるなどの肉体的な負担も大きいためにそれなりに注意点があります。次に、初めて千鳥をする方のためにも千鳥をやる時に注意しなければならない点を3つご紹介していきます。

    太ももが痛くなってしまう

    ここまで読んだ皆さんならお分かりかもしれませんが、千鳥は肉体的に女性に大きく負担のかかる体位です。チンポを挿入するために正座をして、後ろを倒れるようになるのですがこの時に太ももの筋肉がピンと張ります。つまり、男性がチンポを挿入して動いている間は女性常にこの太ももが張っている状態になるので、あまりやりすぎると太ももが痛くなってしまいます。

    太ももの痛みから別の体位に移行できなくなったり、女性がイキにくくなる原因にもなったりしますから、短時間で千鳥を済ませるのが良いでしょう。しかし、千鳥をしていくうちに太ももの痛みはほとんど感じなくなるかと思いますので、最初のうちは少しずつ慣らしていくように短い時間で行うのがオススメです。

    長時間の挿入はまず無理

    千鳥を長時間にわたっての挿入はまず無理です。前述したように太ももが痛くなることもありますし、正座をしていることで足が痺れて立てなくなったり、血流が悪くなって突然めまいがしたりという弊害もあります。つまりは、そもそも千鳥は長時間での挿入には向いていないということです。セックスをした後に身体に痛みが残ることも考えられます。また、遅漏の男性はフィニッシュで千鳥をするのはあまり好ましくないでしょう。

    女性が我慢しなくてはならない要素が大きいため、千鳥はやはり手っ取り早く行うのがベターでしょう。

    男女ともに太りすぎているときつい

    千鳥の挿入は男性だけが注意すれば良いのかというと、そうでもなく女性でもぽっちゃりしすぎていると千鳥はむしろ危険要素になります。最近では女性が太りすぎているというのも不思議なことではありません。そんなことから、上半身の体重で足を骨折してしまうこともあります。特にセックスで千鳥をする際は、正座になった時にすべての体重が膝や足にいきます。場合によっては足を壊してしまうこともあるでしょう。最初に後ろに倒れるのがキツイと感じた時点で千鳥をしない方が良いかと思います。

    また、反対に男性ですが体重が重い状態で女性に覆いかぶさると加重してしまい、女性に痛みを与えます。

    千鳥の流れで出来る体位を紹介

    千鳥の注意点を紹介しました。まとめると、長い時間での挿入はしない。体重が重い人は千鳥を控えるなどですね。「ちょっと私大丈夫かな?」と思う方は自分で千鳥の体勢になって事前に試して見るのが良いかもしれませんね。次に千鳥を織り交ぜたセックスの流れをご紹介していきます。千鳥は正常位の1つであることから、比較的スムーズにできますが、やはり正座をするという工程、やりたがらない方もいるでしょう。要するに千鳥をするには流れで持っていくのがベストということです。

    前戯から正常位で流れを作る

    千鳥まで持っていくには、今まで通りのセックスのように前戯から正常位で流れを作っていく必要があります。正常位の過程を飛ばして、キスをしてからいきなり千鳥をするとなると、多くの女性が拒むはずです。まずはマンコを濡らす意味でしっかりと前戯を行います。キスから始まり、身体の隅々まで愛撫してからマンコの濡れ具合をしっかりとチェックしてください。相手の女性が「入れて欲しい」などと挿入して欲しい意志が見えたら、さっそく正常位でチンポを挿入します。

    チンポを挿入してからいきなり激しくは動かないで、膣の中を慣れさせるようにゆっくりと腰を動かしてください。正常位で女性がイキそうであればそのまま絶頂を迎えさせましょう。3分から5分ほど正常位に時間をかけます。

    正常位からスムーズな流れで千鳥を行う

    女性をイってもイカなくてもどちらでも良いのですが、長くても5分で切り上げましょう。正常位をしてから自然な流れでいよいよ千鳥に移行します。一度チンポを抜いて、女性に足を折り曲げもらい、ふたたび仰向けにするだけです。軽い正座のような体勢になってから、千鳥でチンポを挿入します。ここでアドバイスをすると、いきなり挿入はせずに、素股で一瞬焦らしてあげると良いでしょう。男性が上に覆いかぶさってる状態の素股焦らしは女性にとって興奮するプレイになるので、マンコがさらに濡れてくるはずです。

    チンポを挿入してからはキツイ膣の締め付けを感じながら、腰を動かしましょう。ただ、前述したように千鳥での長い挿入はNGですから、最初は長くても3分くらいに留めるのが良いでしょう。この辺りは女性と声を掛け合いながら調節するのが良いです。

    フィニッシも正常位で行うのがベスト

    千鳥を楽しんでからフィニッシュも正常位で行うのが良いでしょう。やはり不慣れな体位をした女性は、最後は馴染みのある体位でフィニッシュをして欲しいと思うはずです。また、お互いが良く見える密着感のある体位で男性とイチャイチャしたいはずですから、正常位で仕上げるのがベストです。

    折り曲げてもらっていた足を伸ばしてもらい、ふたたび正常位でチンポを挿入します。この時点で女性がイっていない場合はマンぐり返しをして、子宮の奥を突くような体勢で突いて気持ち良くさせるのが良いでしょう。男性は女性が先にイってからフィニッシュをするようにしましょう。

    まとめ:千鳥は短期決戦で!

    セックス48手の千鳥はいかがでしたか?いつもとは異なった膣の感触は男女ともに気持ち良いと感じるはずです。いつも同じような体位でしかセックスをしていないカップルや夫婦は千鳥に挑戦して見るのもアリかと思いますので、ぜひとも試してみてください。

    ◯関連記事
    セックス体位48手パート2
    セックス体位48手パート1