• スローセックスに最適な体位!セックスの幅が広がる「側位」の魅力とやり方

    20,318 views

    セックステクニック(男性編)

    即位のやり方

    側位はAVでよく見かけますが、実際は経験者が少ないマイナー体位です。挿れ方が難しそうだし、女性が本当に気持ちいいの体位なのか気になりませんか?

    この記事を読めば、次セックスする時に側位を試したくなっているでしょう。
    ここでは側位で実践すべきマル秘テクニックや、女性が気持ちいい側位の体位5選を紹介しています。

    側位ができるorできないかが、”若い”セックスか”大人”のセックスかの違いです。ぜひ女性が喜ぶ「側位」をセックスで実践できるようにしましょう!

    側位はスローセックスにおすすめ!


    側位は添い寝のようにお互いが横向きでピストン運動する体位です。側位のいいところは射精しそうなペニスを落ち着かすことができる、いわば長時間セックスに必要不可欠な体位です。また添い寝のような体勢のため、お互いの疲労を回復することもできます。

    長時間セックスしているのに、どうしてもペニスを抜きたくないという時は側位を使いましょう。
    「あ〜、イキそうやばい」や「腰すごい疲れたけど、まだイってないから止めたくない」といったシチュエーションにおすすめです。

    同時に首筋を舐めたり、おっぱいモミモミしたり、言葉責めをしたりと他の愛撫も合わせながら、同時責めすると女性は気持ちよくなります。

    ただ側位のデメリットは腰を動かしにくいことです。そのため激しいピストン運動はあきらめましょう。側位はそういったデメリットも含めて、休憩できる体位です。

    でも腰を動かしにくいなら、女性があまり気持ちよくないのでは?という疑問も出てきます。いくら休憩できる体位といっても、女性が気持ちよくなければ意味がありませんよね。

    側位が女性にどう思われているのか?意見をまとめました。

    結論、側位は女性も大好き!普段と違うところに当たるのが気持ちいい


    結論女性は、側位が好きという結果でした。感覚値ですがTwitter検索したとき男性よりも女性の方が好きと言っている人が多くいた印象です。女性は激しいセックスよりもスローセックスを好む傾向があるので、側位をやると喜ばれます。

    男性の中には「激しいセックスの方が視覚的にも感覚的にも興奮するから、スローセックスに興味はないよ」という人もいるかと思います。

    しかしあくまでセックスを長続きさせるための休憩として、側位はおすすめです。すれば疲労も回復してお互いが気持ちよく感じるセックスを長く続けることができます。

    スローセックスが上手な人に共通する!側位のマル秘テクニック3点

    女性に人気な体位であると分かったところで、どうしたら上手な側位ができるのでしょうか。ポイントは以下の3つです。

    ・側位は速さではなく深さとポイントを意識すべし!!
    ・女性に気を遣わせない!スマートな体勢の誘導
    ・亀頭を当てない膣マッサージでペニスを休憩!

    それではスローセックスが上手な人に共通する側位のテクニックをみていきましょう。
    今まで激しいセックスしかやってこなかった人も、このテクニックを守ればセックスの幅が広がり、”大人”のセックスができるようになります。

    ①側位は速さではなく深さとポイントを意識すべし!!

    側位はピストンの速さ・激しさではなく、挿入の深さとペニスが当たるポイントを意識しましょう。つまりピストンの回数(量)でなく、ピストンの当たる位置(質)を意識して、一回一回的確なポイントにペニスを当てていきましょう。

    先ほど側位が好きという女性の意見が多くありましたが、しかし当たる位置が悪ければ全く気持ちよくありません。さらに側位は珍しい横向きの体勢のため、いい位置に当たりにくいです。いい位置に当たりやすいおすすめのテクニックを2つ紹介します。

    1つ目が「奥まで突きたいときは女性の片足を上げる」です。片足を上げることによって、今まで邪魔していた太ももの部分が除かれ、膣との密着度が高く挿入できるようになります。すると奥まで突くことが可能です。

    2つ目が、「巨根が入っているような感覚にするには挿入した後、女性の足を閉じる」です。足を閉じると膣の穴が狭くなります。すると小さくなった膣はペニスを大きく感じるので、特に自分のペニスに自信がない人はこのテクニックを使ってみてください。

    巨根じゃなくても、巨根のように感じさせることは可能です。

    ②女性に気を遣わせない!スマートな体位の誘導

    側位は珍しい体位のため、経験したことがある女性は少ないです。そのため体位の変更をスマートにできるようにしましょう。
    もし体位の変更でアタフタしてしまったら、せっかく盛り上がっていたムードが壊われ、女性がシラフになります。急に女性がシラフになると、興奮が高まり感じやすくなっていた体が感じにくい体になります。

    ペニスで例えると、勃起している最中に強い痛みがあって一気に萎えたり。学生のとき部屋でオナニーしていたら親が急に入ってきて、急に萎えたりする状況と同じです。

    せっかく女性を感じさせまくり敏感な体にしたのに、体位の変更でアタフタしてシラフにしてしまったらもったいないです。再びはじめから女性が感じやすい体になるように刺激を蓄積していかないといけません。

    スマートな体位変更をするには以下の2つに気をつけるといいです。
    ・体位を変更するときは口で伝えるのではなく、直接手を使って動かす
    ・できるだけ膣からペニスを出さない

    体位の変更を口でお願いすると、女性は「こんな感じ?」と頭を使わざるを得ないため、シラフに戻りやすくなります。気持ちいいと感じる直感のみを女性に感じて欲しいため、体位変更の指示はできるだけ頭を使わせないように、男性側で手を動かして体位の変更をサポートしてあげましょう。

    また女性は膣からペニスが抜けると一瞬、我に返ります。AVでピストン運動をしているときに膣からペニスが抜けて、AV女優が「あっ〜」と残念がっている言葉を聞いたことはありますか?

    この言葉を使っているとき一瞬我に返っているのです。できるだけ膣からペニスを抜かないように体位変更をしましょう。

    ③亀頭を当てない膣マッサージでペニスを休憩!

    冒頭で側位は休憩する体位だと説明しました。つまり射精しそうなペニスを落ち着かせ、次の体位に移る時は、再び激しいピストン運動ができるようにクールダウンするタイムです。

    クールダウンするには亀頭を膣に当てないことが重要です。亀頭は感じやすい神経が多く集まっているため、刺激を与えてしまうと射精をしたくなってしまいます。

    そこで効果的な挿入法が、膣マッサージです。亀頭のある先端ではなく、ペニスの根元で動かすと亀頭が当たらないようになります

    以下の3つがマッサージの基本動作です。
    ・グイグイ膣の奥に押し込む
    ・グルグル大きく回す
    ・十字の形で上下左右に動かす

    基本的に側位ではピストン運動をしなくても大丈夫です。奥に挿れた状態で根元から動かしましょう。また膣の入り口でピストン運動をすると、亀頭と同じくらい感じやすいカリが擦れる回数が増えるので、気持ちよくなりイキやすくなります。

    イキにくいように休憩するにはペニスの根元を軸に動かすのがおすすめです。

    それでは側位のテクニックがわかったところで、どのように側位をやればいいのか具体的なやり方を紹介していきます。

    ピストンの可動域が狭くても気持ちいい!側位の体位5選

    女性が気持ちいいと感じる、人気の側位を5つ紹介します。

    以下が厳選した5種類の側位です。
    ・片足上げ前側位
    ・横どり
    ・鴨の入首
    ・段差後側位
    ・窓の月

    側位はマイナーの体位のため、名前を見てもなにコレ?と思うかもしれませんが、激しいピストン運動をしなくても気持ちよく感じる側位を厳選したので、ぜひセックスで試してみてください!

    ⑴片足上げ前側位

    片足上げ前側位はお互いが対面を向き、女性の片足をあげ、ピストン運動する体位。この体位の特徴は、女性の片足を上げることで密着度が上がり、奥まで突けるようになります。

    挿入角度は45度あたりを、下から上に擦り上げるようにすると気持ちいい裏Gスポットに当たります。裏Gスポットはお腹側にあるGスポットの反対側にあり、Gスポットに負けない快感を導きます。

    ただ体勢的にペニスが抜けやすいので、引く運動はあまりせず奥を意識してグイグイ押し込んでください

    ⑵横どり側位

    横どり側位は男性が女性の背中側に回り、添い寝した状態で挿入する体位です。
    お腹側にあるGスポットを狙って、45度の角度で挿入します。ただ大きくピストン運動ができないので、先ほどと同じようにペニスを引かずに、奥へ擦り上げましょう。

    横どり側位は、唯一側位の中で足ピンの体勢が作ることができ、女性がイキやすい体位です。足ピンとは足と足首がピンっと一本に伸びている状態を指します。この体勢はイク時に必要な内股の筋肉に力が入りやすいため、イキやすい体勢として有名です。

    ⑶鴨の入首側位(かものいりくび)

    鴨の入首側位は、横取り側位の体勢から女性の片足を上にあげて挿入する体位です。持ち上げる時、女性の膝下あたりを手首にかけるとあまり力を使わずに持ち上げることが維持できます。

    片足が上がっているので、横取りよりも奥に挿入できるため、挿入角度45度のGスポットを積極的に狙っていきましょう。

    このとき目の前にラブホテルのような鏡があれば、ペニスが膣に入っている姿を女性に見せることができるので興奮する体位になります。鏡で入っているところを女性が見やすくなるには、上げている方の片足を背中側に少し引くと、見えやすいです。

    AVでよく見かける体位なので、興奮間違いなしですね。

    ⑷窓の月<足掛側位>

    窓の月は女性が片足を上げ横に寝た状態で、男性は上体を起した状態で女性の下ろしている方の足をまたいで挿入するスタイルです。挿入角度はお腹側30度あたりを狙うとGスポットにあたりやすいため、お腹側を突いていきましょう。

    窓の月はペニスと膣の密着度が側位の中で一番高いので、一番奥まで突くことが可能なので、側位の中でイキやすい体位です。女性の足首が伸びていなかったら、伸ばすようにしましょう。

    ⑸段差後側位

    段差後側位はベットやソファーの段差を利用して、横になった女性のアソコに男性は上体を起して挿入する体位です。男性が低い位置にいるので、下から突き上げることができます。お腹側にあるGスポットを狙って擦り上げましょう。

    激しいだけのセックスは卒業♡側位で緩急をつけたスローセックスしよう!

    いかがでしょうか?

    再度、復習になりますが「スローセックスが上手な人に共通する側位のテクニック3点」は、以下です。

    ・側位は速さではなく深さとポイントを意識すべし!!
    ・女性に気を遣わせない!スマートな体勢の誘導
    ・亀頭を当てない膣マッサージでペニスを休憩!

    側位でセックスの幅を広げ、”大人”のセックスをしましょう!

    ◯関連記事
    定番!気持ちいいセックスの体位と挿入方法と腰の振り方について
    シンプルだからこそ難しい!女性を幸せで満たす正しい正常位の方法